駄話日記

おもしろきこともなき世をおもしろく すみなしものは心なりけり

F値の話 つづき

F値が低ければピントが合う部分は狭くなるし、高ければ広範囲になる。

 

被写体ひとつ取っても、F値の塩梅で写りが異なります。

それは周知の事実。

 

お遊びで、家のグラスを撮影してみた。(汚いのはご愛嬌…)

 

F1.8 シャッタースピード1/30 iso500

f:id:white-kutsushita:20180925235655j:image

 

手前の縁部分はピントがあってシャープ。

ただ、グラス下の方や奥部分はぼんやり。

テーブルで撮影した分奥行きがないから、ボケ感の意味がない。

 

F4.0 シャッタースピード1/6 iso500

f:id:white-kutsushita:20180926000305j:image

 

全体的にシャープ。

ガラスの素材感もこちらの方がよく出ている気がする。

陰影のメリハリもあってキレがいい。

 

なんでもぼかせばいいってわけではなくて、背景含めて考えないといけないよね。

って素人の徒然でした。

 

 

 

 

F値の話

RX100M3はF1.8まで絞ることができる。

僕が昔使ってたカメラは3.5からだったので大層な変化である。

 

F1.8までいくと、背景がボケボケになる。いうなれば「インスタ映え」っぽい写真が撮影できる。

 

素人でも簡単だ。

モードですでに絞り優先機能があるのでそれを使うだけで、

f:id:white-kutsushita:20180924161102j:image

ね、簡単。

 

F値が低い分その分暗いところにも強い。

ちょっと前教会の写真を撮影するのにはまっていたけど、シャッタースピードを遅くするからどうしても手ブレが否めなかった。

 

そんなわけで、RX100M3は暗部でも使いやすいカメラでもある。

 

i bought SONY Cyber-shot RX100 M3

を買った。

 

f:id:white-kutsushita:20180922214733j:image

 

無職の私がこんな高いものを買ってこれからの生活は大丈夫なのでしょうか…

 

というマイナス要素は一旦忘れよう。

 

ハイエンドコンデジのRX100M3を買った。遂に買ってしまった。

 

①そもそもなぜRX100M3?

現行でRX100をエントリ機種として、最近最新機種のM6まで販売されている。名前の付け方がガンダムみたいな所も好きだったりすることはさておき、なぜ型落ちを買ったのか。

それは、予算がないからである。M6どころか、M4ですらまだ10万円弱。流石にカメラに10万(ハイエンドと言えコンデジ)に払う余裕は無いのだ。

カメラには6万までと決めその中で探した結果こちらに決定となりました。

 

②他の候補は?

そもそも、RX100M3を買う予定はなかった。一番の候補はRICHOのGR2もしくはGR digital4だった。僕は初めて自分のお金で買ったカメラがRICHOということもあり、RICHO製品が好きだ。特にGRシリーズは単焦点で、余計な機能もなく、無骨なシルエットもすごく好み。言うなればいぶし銀って感じ。何より、GRシリーズのシャープな写真が好きだ。しかし、GR digitalはすでに廃盤となっている。そうなるとGR2が候補となるのだが、実機を触ってあまりテンションが上がらなかった。機能が優れていることはもちろんだが、長く使う要素として触った時、テンションが上がるかどうかが重要だと思っている。GR2は今までのGR シリーズとなんだか別物に感じてしまったのだ。

とは言え実機を操作してみる。

「あれ?寄れない」

GR2は接写に弱くなっていたのだ…

単焦点は足を使って写真を撮る。だから、寄れるところに意味があるんだよなぁと思っていた分、この仕様変更は残念だった。

 

で結果、RX100M3に落ち着いたのだ。

まぁ今まで使っていたデジカメと比べたらセンサーサイズからして違うのだから全て優れている。

wifiで携帯に写真を転送できるのも、ブログを書く上ですごく便利だ。

機能が沢山あって使い切れるかなと思ったけど、オートは被写体によってモードが勝手に切り替わるから見事なものである。

 

実際に使ってみての塩梅はこれから。

でもちょっと触ってみた感じ僕には十分すぎるカメラです。

大人になって転ぶと痛い

って話。

 

大人で転ぶとすごく痛いんだ。

 

今日は夕方からスケボーの練習に。

少しずつチックタックがう上手くなってきた気がする。前に進むしテンポが良くなった。

 

テールを踏む意識だったけど、重心は前にしないと進まないのだ。

 

気持ちよくチックタックしてたら、バランスを崩した。そして盛大に転んだ。

28年生きててアスファルトの上で転んだことはあったけど、アスファルトに叩きつけられたことは初めてである。

 

「痛ってぇーーー!!」

 

と一人で叫んでしまった。幸い周囲には人はいなかったけど。

 

左腕から倒れた。突っ張らなく腕全体を叩きつけた。動くし、曲げ伸ばしにはやや違和感はあるけど曲がる。

骨折はしてないだろうから良かった。

 

ただ明日になって痛みが酷くなったら病院かな…

 

医者でスケボーで転びましたとか言ったら呆れるんだろうな…

 

帰りにプロテクターをAmazonでポッチったのは言うまでもない。

ラップトップの購入を検討

今使っているPCが2008年に買ったMAC BOOK PRO。

既に10年の骨董品である。

 

当然OSのアップデートも出来ずに今に至っている。

色々と不都合が出てくることもあり、新しくラップトップの購入を検討している。

 

十分な余裕があれば新しくMACを買おう!となるのだが、僕のお財布事情ではそうもいかないのだ。

そこで、5万円程度で使えるラップトップを現在模索中なのである。

 

条件として何より軽いこと。

今使っている物が、2kgなのでそれより軽いことが条件だ。

ぶっちゃけ、Blogのテキスト更新がもっぱらの作業になるので、そんなにスペックは高く無くてもいいのだけど・・・そもそも10年前のPCと比べたら、どんなPCだってスペックが高いに決まっている。

 

その中でも、lenovoのideapad300Sが候補に挙っている。

実機を触っていないので、何とも言えないが、軽さとか、スペックを含めるとちょうどいいかもしれない。

個人的には、キーボードの打感が深い方が好みなので、そこだけが気になるかな。

 

なにはともあれ、いつも、PCの買い替えを考えると、急に僕のMACはすこぶる好調になるから困った物である。

まぁ人間味があって可愛いのだけれど・・・

 

 

チックタック DAY 2

今日もチックタック。

 

左右にうまく振れない。

上手い人と比べると、左右に振るたびに上下に動いてバランスが悪い。

 

まず、前に進むことを諦めてピポットで練習することに。

 

肩を先に動かすというより、上半身全体を動かすことを意識。おへそを地面と平行に動かすことを意識してみた。

 

少し綺麗に振れるようになってきた。

自然と腕も動くようになってきた。

 

明日もピポットで回ってみよう。

あしたもくるくる回るよ。

チックタック

の練習。

 

月曜日にスケボーが届いて、三日目。

毎朝8時から9:30まで河原で練習。

三日坊主にならなくてよかった。

 

朝に河原をスケボーで滑るのは気持ちが良い。風も気持ちいし、爽やかだ。

朝の活動は悪くない。

 

少しずつ滑ることにも慣れて来て、昨日からチックタックの練習。

片足を上げることは怖いし、バランスが取れないし難しい。黙々と足を上げて右回り、左回りを練習する。

how-toはもっぱらYouTubeだ。上手い人が説明動画を上げてくれる。便利な世の中だ。

僕は「ロビンとヨシ」の動画が好きだ。丁寧だし、話し方も好き。

 

上半身の使い方がなんとなくわかってきた。明日もチックタック、明後日もチックタック。

 

時はすすむよ。