駄話日記

おもしろきこともなき世をおもしろく すみなしものは心なりけり

How to make “Fletcher Stew”

僕の主食「フレッチャーシチュー」の作り方について。

f:id:white-kutsushita:20181114234549j:image

プロローグ

フレッチャーシチュー」考案者、コリン・フレッチャーについて。

 

コリン・フレッチャーはハイカーだ。”The Complete Walker “(邦題『遊歩大全』)の著者でもある。約900ページのこの本はハイカーのバイブルとなっており、おそらく今でも読み続けられている本だ。

 

横道へそれるが、

僕はハイカーと登山家は似ているが異なると考えている。僕の考えをざっくりまとめると、登山家はサミットを楽しみ、ハイカーはディスタンスを楽しむと思っている。

北米はハイカーが多い。それは、ジョンミューアトレイルやコンチネンタルディバイドハイクなど、3000km〜5000kmに渡るロングトレイルがあることも一つだ。僕も将来北米のロングトレイルヨセミテ、ロングハイクとは趣旨が違うがサンティアゴ・デ・コンポステラを歩いてみたい。

閑話休題

 

本題

で、そのハイカーの教祖的な存在がコリン・フレッチャーである。彼は、都会や自然を行き来しながら生活を送っていた。人に疲れたら自然へ、そして人を求めてまた都会へ。なんとも羨ましい生活スタイル。

その彼が、例えば1週間のハイキングの内6食食べていたものが「フレッチャーシチュー」である。

そもそも、フレッチャーシチューならびにコリン・フレッチャーのことを知ったのは2014年のPOPEYE。

f:id:white-kutsushita:20181114233742j:image

当時アウトドアでのご飯といえばカップ麺や行動食が主だった僕にとって、ハイキングでシチューを食べるという事は考えもつかない事だった。

 

フレッチャーシチューの作り方

材料

ほうれん草

玉ねぎ

人参

コーン

グリンピース

ミートバー

 

作り方

野菜を一口サイズにカット

クッカーに油を敷き全ての食材を詰める

煮込んだら完成

超簡単。誰でも作れる。

 

そして4年経った今、色々と試行錯誤の末新しいフレッチャーシチューへとたどり着いた。本家とは異なる点があるが、「新しいフレッチャーシチュー」として気に入ってる。ポイントは本家と同様「極力手間を掛けない」だ。前置きが例によって長くなったが、早速作り方をご紹介。

 

フレッチャーシチューの作り方

材料(材料費 1600円)

f:id:white-kutsushita:20181114233840j:image

人参

セロリ(なくてもいい)

玉ねぎ

トマト缶

大豆

サツマイモ

かぼちゃ

しめじ

ほうれん草

コーン

にんにく(なくてもいい)

ささみ(ミートバーの代替え)

 

調味料

コショウ

オレガノ(なくてもいい)

 

①ささみを蒸す。これは面倒だったらレ

ンジで加熱してもいい。ささみは、ほぐしてに入れるので加熱しておくと楽。

f:id:white-kutsushita:20181114233935j:image

 

②そのほかの材料は1cmくらい角切りで。にんにくは適当に潰す。野菜は、根菜類と玉ねぎセロリチームで分けておこう。

人参、サツマイモ、かぼちゃ(皮は剥かない)

f:id:white-kutsushita:20181114233952j:image

玉ねぎ、セロリ(葉っぱも食べる)

f:id:white-kutsushita:20181114234116j:image

③鍋に油をしいて、にんにくを適当に炒める。そしたら玉ねぎ、セロリを炒める。程よくしんなりしてきたら、根菜類を全て入れて炒める。焦げそうなら少し水を足せばいい。

 

玉ねぎとセロリを炒める

f:id:white-kutsushita:20181114234138j:image

 

根菜類を入れて混ぜる

f:id:white-kutsushita:20181114234219j:image

 

④しばらく炒めたのち、トマト缶、コーン、大豆、しめじを入れて具が浸かるくらいまで水を入れる。

鍋が汚い…

f:id:white-kutsushita:20181114234254j:image

 

⑤一度沸騰させて灰汁を出す。面倒なので正直灰汁取りはしない。灰汁を取ったら弱火から中火にして、ささみとオレガノ(好みの量)を入れる。オレガノは無くてもいいけど、入れるとそれっぽい味になる。

f:id:white-kutsushita:20181114234324j:image

 

⑥全ての食材に火が通ったら完成。最後にほうれん草を一緒に煮る。僕はクタクタのほうれん草が好きではないので最後に入れる。

写真の材料で4日分の昼と夜分ができた。

f:id:white-kutsushita:20181114234528j:image

 

まとめ

正味30分もあれば完成する。一見ミネストローネと言われたらそれまでだけど、僕はこれをフレッチャーシチューと勝手に呼んでいる。

 

手軽だし、おそらく栄養価もそこまで悪くない。油分が少ないので、胃がもたれることもないし、ササミと大豆でタンパク質も取れる。夜ご飯食べないので、サツマイモは炭水化物、コーンは糖質補給にもってこい。

 

と、切って煮るだけのお手軽シチュー。冷凍で保存もできるから、常備菜としても便利だ。いつも家で作るから「蒸す」「炒める」というような調理過程が入ってしまっているが、手軽なことには変わりはない。何より失敗がないし、失敗する要素もない。

 

心配する要素はコリン・フレッチャーはこれを「フレッチャーシチュー」として認めてくれるか否かだ。

 

COMPLEX vs McGuffin

COMPLEXのSneaker shoppingが好きでたまにみる。スポーツ選手やミュージシャンが好きなスニーカーを語り、大人買いをしていく。Caseyの回とフェデラーの回が結構好き。

 

で、関連動画に「SNEAKER ADDICT -唾奇」ってのが出てきた。McGuffinってチャンネルが出している番組。僕は唾奇が好き。スニーカー×唾奇。これは見るしかない。

 

内容は、お店で、ゲストを迎えて色々なスニーカーのトークをしつつお気に入りの一足を購入する。個人的にはCOMPLEXの廉価版みたいな内容で残念だった。

 

まず、お店の選択。代官山の某店舗で撮影してたけど、残念ながらすごいプレミアムスニーカーショップってわけではない。カメラで色々なスニーカーを映すけど、正直どこでも売っている物しか映らないからスニーカー好きが見てもあまり興奮しない。古今のアイテムが揃うショップの方がゲストも楽しめると思うんだけど…

 

二つ目に、オーガナイザーが微妙。アクが強い。これは、個人のキャラクターの問題だと思うんだけど、ゲストを喰ってるのは番組としてどうなんだろう?

ゲストありきで番組を見ているとオーガナイザー強すぎて見てて疲れる。

質問の内容は結構いい分もっと裏方に回っても良いのではなかろうか…

 

最後に、一足しか買わないってところ。本家のスニーカーショッピングの醍醐味は「いい大人の大人買い」を見れるところだと思う。最終的にRAFx adidas を買ったところで意外性に欠けるんだよな…

芸能人の買い物って、プレ値のスニーカーを複数買うような夢を画面越しで見せるのが楽しいと思うんだけど。

 

確かに本当にお気に入りの一足を探す、をコンセプトとしているならありかもしれないけど、番組一番の山場で一足しか買わないってのは構成上どうなんだろう。

 

個人的には、普段スニーカーのイメージがないゲストにスニーカーを買ってもらう事がこの手の番組の味噌だ。だからロジャーフェデラーがゲストに来た時はどんなスニーカーを買うのか興味が高まった。

 

ゲストが大好きな唾奇だったから余計にあれこれ言いたくなったのかもしれない。

 

今後同じプログラムをやるのであれば

①ゲストの話をもっと増やす。

②WORMなど昔のスニーカーも取り扱っているスニーカーショップで撮影をする

大人買い

 

を再度検討してほしい。というか、本家の番組をもう一回見直してから作って!

 

 

HARD OFFでオファー買い取り

を試してみる。

f:id:white-kutsushita:20181107224045p:image

 

家に使わなくなった物が溜まる。メルカリ、ヤフオクで売るのも勿論だけど、人とやりとりをするのが面倒くさい。そもそも、自分で値段を決めるのも億劫だ。

そこで今回は試しにHARD OFFアプリのオファー買取を試してみる。

 

①オファー買取とは

売りたい商品を撮影してアプリでアップ。後に、各店舗の担当者が査定をして金額を提案してくれるサービスだ。

 

②早速試してみる

今回査定を依頼するのはRICOH CX4。かなり前のカメラだ。そもそも古すぎて値段がつくのかどうかも怪しい。では、早速査定してもらおう!

 

アプリを起動して「オファー買い取り」を選択。

f:id:white-kutsushita:20181107230328j:image

 

カテゴリが詳細に分かれている。今回はカメラを選択。

f:id:white-kutsushita:20181107230406j:image

 

メーカーごとにさらに細分化。今回はRICOHを選択。

f:id:white-kutsushita:20181107230448j:image

 

そしたら、商品の写真を撮影して情報を記入。記入する際に、使用状態や付属品の有無を選択しコメントを記入しよう。型番、品名はしっかり記入。使用状況も正確に記入した方がいい。

f:id:white-kutsushita:20181107230637p:image

 

入力フォームを埋めたらオファーしてしばらく放置。オファーを待てる時間は2日間ほど。1時間後一件オファーが来ている。

f:id:white-kutsushita:20181107230829p:image

1000円で買取オファーがきた。まず値段がついたのが驚きだ。買取金額の理由が記入してあるのもありがたい。今回は一件しかオファーが来ていないけれど、複数オファーが来た場合はどこに買い取ってもらうかを決めることが出来る。

メルカリとも違って値下げ交渉がないのも楽でいいし、不必要に他人の個人情報を受け取る必要がないのもいい。

 

まとめ

1.出品が楽ちん

2.各店の担当者が査定してくれるから安心

3.値下げ交渉がないから楽

 

実際に、メルカリとかフリマで売るのと値段の比較はできていないけれど、比較的古いものでも売ることが出来ることがわかった。これからほかの物も出品してみようと思う。

 

Curry雑記

お昼どき。

サラリーマンが群がり、掻き込みながらカレーを食べている。店頭のオペレーションもシンプル。食券を買うか、店頭で一言注文。席に着くとほぼ同時にカレーが置かれるスピード感。早い。そして一番重要だが、うまい。

そんな狭くて、気に入っているカレー屋を紹介。

 

有楽町のマーブル

内幸町のジャン

渋谷のインディラ

 

有楽町 マーブル

有楽町ビルヂング地下1階。お昼にはサラリーマンで行列ができる。名物はインドカレー。トッピングメニューは、ハンバーグ、ゆで卵、生卵。

インドカレーにはキャベツ千切りが乗っている。結構辛いが定期的に食べたくなる。量はサラリーマン胃袋を満たすためか結構多め。みんなで狭いカウンターに並び仲良く食べる。ここで一緒に食べたらサラリーマンは有楽町ブラザーズだ。

 

内幸町 ジャン

お昼どきはこちらも行列。時間がない時はお弁当も選択できる。食券を買って列に並ぶ。途中でおばちゃんが食券を回収。席に着くとほぼ同時にカレーが登場。

名物はリンゴが隠し味のジャンカレー。ここはトッピングが豊富。贅沢に行きたい時はジャンがおススメ。マーブルよりややゆとりのあるカウンター。ここはテーブル席も完備。カレーも勿論だが、ハヤシも美味しい。少し甘めの懐かしい系。

 

渋谷 インディラ

道玄坂を少し登ったところにあるカレー屋。モスバーガーが入っているビルの地下。

こちらは色々なタイプのカレーが楽しめる。インドカレーカシミールカレーなど。カシミールは辛い。本当に辛いがクセになる。具材も豊富で、ポークもあり、ステーキもある。豪華に行きたい時は勿論ステーキ。まだチャレンジしたことはないが、そば飯メニューもあった気がする。渋谷とあって小洒落た内装。ただ、歴史は古い。美容室の帰りは必ずインディラに行くと決めている。

 

他にも好きなカレー屋があるのでまた改めて。

Apple 不幸の連鎖

Mac book proがご愁傷様となったが、不幸は続くものだ。

 

朝、スケボーの練習をしに河川敷へ。最近チックタックが卒業出来そうなくらい上達してきたので、ショービットの練習を始めている。

 

YouTubeでコツを確認して、いざ実践。ジャンプした瞬間にパンツのポケットから携帯が飛び出した。普段、スケボーはトラックパンツで練習していて、ポケットにファスナーが付いている。そのファスナーを閉め忘れた。

 

無情にも画面から落下。約5年ぶりの画面割れだ。機体は動くし、幸いにも液晶の液漏れもなし。リンゴ頑丈で助かった。オープンしたてのSoftbankショップへ駆け込み。

 

あと一ヶ月で2年縛りがなくなるので、これを機に新しいiPhoneにしようとも考えたけど、今使っているiPhoneSEが一番使いやすい。Softbankショップにも既にSEの在庫が無いようで、新しいSEは手に入らないとのことで修理一択となった。

 

代替えでiPhone6Sを借りたが、でかい。でかすぎる。使いにくくてしょうがない。親指で対角線がタップできなくて不便だ。ポケットへの収まりも悪いし。

 

最近のスマホ大型化は勘弁してほしい。そもそも、最新機種の大型化ってところがテクノロジーの進化に反していないか?すごい機能を大きな箱に入れることって普通じゃん。機能をコンパクトにすることがテクノロジーの進化だと僕は思うのだけれど。6から出てきたカメラの出っ張りもしかり、昨日は進化しているけど、ジョブズが亡くなった後のiPhoneは全て妥協してリリースしているようにしか思わないんだね。カラバリとかほんといらないし。

 

少ないSE使いの嘆きと思ってください。

 

 

 

DB鉄道アプリ DB navigator

が便利って話。

デンマーク、ドイツ、フランスは電車で移動した。その際使用したのがDB鉄道。ドイツの国鉄だ。そして、チケットはDBのアプリで購入することができる。

もし、ヨーロッパを電車で移動する事があれば参考になるかも(なるかな…)

 

手順として

①アプリダウンロード

②アカウントの作成

③チケットのブッキング

以上。

このアプリはドイツ語と英語で対応していて、使用も簡単なので一度予約できたら、2回目以降は楽ちんである。

DB navigatorを起動

f:id:white-kutsushita:20181102235716p:image

 

 

まずは、乗る電車を決めよう。メインメニューで出発、到着場所を選択。位置情報をオンにしておけば、最寄りの駅も探してくれる。そして、希望の日時を選択し、人のマーク部分で一号車か二号車を選択。2人以上のチケットを買う場合はここで、Additional Travellerで人数を追加。そしてsearch。

f:id:white-kutsushita:20181103000024p:image

 

検索が終わると、いくつか電車の候補が出てくる。乗り換えが面倒なので15:35発の電車を選ぼう。

f:id:white-kutsushita:20181103000935j:image

 

電車を選ぶと、詳細をみることができる。さらに中央の↓マークをタップすれば、途中停車駅の時間を見ることも可能。ちなみに、Pl.7は7番線ホームのこと。コペンハーゲン7番線ホームを15:35に到着するって事だね。ハンブルクには5D-E番線に到着するからPl.5D-Eと書いてある。ホーム番号が書いてあるから迷わないで済む。

この電車で問題が無ければ、to offer selection をタップ。

f:id:white-kutsushita:20181103001704j:image

 

この画面では、バウチャーの入力(観光客には関係ないので無視)や年齢を入力。入力したらAccept。

f:id:white-kutsushita:20181103001959p:image

 

次はシートの予約。シートの予約は4.5€別途追加料金がかかるのでご注意。ただ、長旅の場合予約した方がいいと思う。基本的に席は空いてたらどこでも座ることができる。が、始発駅でも大都市行きの電車は結構満席のことが多い。途中駅からだとなおさら。

車両の種類を選んで、窓際か通路側かを選択。 

f:id:white-kutsushita:20181103002352p:image

 

座席を選んだら、確認画面となり、問題がなければcontinues。あと少しで完了だ。

f:id:white-kutsushita:20181103002904p:image

 

そうすると、金額の確認と、遅延をメールで連絡するサービスの選択をする。この遅延連絡サービスは選択しておいてよかった。英語圏ならまだしも、デンマーク、ドイツ、フランスの駅内放送は、僕はさっぱり聞き取れなかった。でこれでcontinueを選択すると、クレジットかPayPalで決算。

f:id:white-kutsushita:20181103003038p:image

 

しばらくすると、チケット予約完了のメールが届くのでそれを印刷しておくと便利。ただ、アプリにもmobile ticketsを見れるサービスがある。アプリ右上の三をタップし、My ticketsをタップすると予約のチケット確認ができる。

f:id:white-kutsushita:20181103003958j:image

 

これは、パリへ向かった際のチケットだが、こんなようなQRコードが出てくる。車掌がチケットの確認に来たら、これを読み取ってもらえれば万事完了。あとはゆっくりと電車旅を満喫するだけだ。

f:id:white-kutsushita:20181103004157p:image

ちなみに、ドイツ、デンマーク、フランスでは特急の乗り口に改札はない。全部車内でチケット確認をされる。もしキセルが判明すると、次の駅で強制下車+罰金となるので注意だ。

 

まとめ

最近はチケットの予約も管理もスマホ一台で済むから便利。アプリ自体もそんなに難しい単語はないので、操作も簡単だ。

確かに電車の旅は値段は高いけど、ゆっくりできるし、本を読んだり贅沢な時間を過ごすことができる。座席も日本人にとっては余りある大きさなので長時間座っていても疲れないのでおすすめな移動手段だ。

最後に、電車で金額を抑える手段として①座席指定をしない、と②時間指定のチケットを買うがある。①については先述したが、DBのチケットには、日時変更できないチケットとできるチケットで値段が異なる。もちろん変更不可の方が安い。事前にスケジュールを立てているのであれば、日時変更不可のチケットで割安にするといいと思う。

 

駄文になりましたが、DBアプリの使い方終了!

 

 

 

PCを新調するか否か問題

mac book proが壊れた。

f:id:white-kutsushita:20181102225557j:image

 

9年前に買ったmac book pro。正直、proに見合う使用方法はしていないけど、なんだかんだお世話になった。大学の時は毎日持ち歩いていたし、バイト先では生徒向けの月刊新聞をこれで作ってた。社会人になっても、資料のベース作りなどで地味に活躍した。

 

以前よりとにかく動きが悪くて、買い替えを検討してきた。

最近、海外旅行の写真を整理するために昔の写真を外付けHDDへ移行。

さて、写真を取り込もうかと思った矢先、フリーズしたのだ。正直フリーズはしょっちゅうだし、別に急いでたわけでもないので気長に待ってみたが、全く動かない。流石に時間が勿体無いので、コマンドで終了…あれ、終了されない…何度やっても反応なし。結局コマンド+コントロール+Rで終了。林檎マークが出てきて無事再起動と思いきや、OSを再度ダウンロードしろとのこと。

 

だが、僕のパソコンは古くて、APP storeにも使用できるOSがない。結果ただのアルミの削り出しに成り果てた。AmazonでOSのCDROMは確かに売っている。ただ、この古いPCを使い続けるにも抵抗がある。思い切って、新しく新調しようかしらん。特にハイスペックである必要性は全くない。

 

正直パソコンでやる作業なんてたかが知れてる。作業なんて、

・物書き

・写真の加工

iPhoneバックアップ

こんなもんだ。無くても良さそうだが、あった方が何かと便利。地味に履歴書や職務経歴書タブレットで作るのは面倒くさい。そう考えると、最低限のスペックがあれば十分。持ち運びをしたいから13インチで1.5kg以下だと助かるかな。無職で金欠な今、PCを新調するか否かは僕にとって結構大きな問題なのだ。

 

とりあえず、めぼしいものを見つけたので、明日実機を触りにヨドバシへ行こう。