駄話日記

おもしろきこともなき世をおもしろく すみなしものは心なりけり

COURRiER JAPONを久々に購読

再開した話。

f:id:white-kutsushita:20181213231350j:image

写真は本文と特に関係ありません…

 

大学の時に社会学のケイコ先生に勧められた雑誌。在学中は4年間購読した。デジタル版になって購読をやめてしまったけど、最近また購読し始めた。

この雑誌を知れただけでも、ケイコ先生の授業に聴講で潜り込んでいたのは価値があった。

 

what's COURRiER JAPON

 

 COURRiER JAPON(以下クーリエジャポン)は世界中の新聞メディアを日本語に訳して掲載してくれている雑誌(現WEBのみ)

各月で特集を組んであってそれにまつわる世界中の記事が網羅されている。特集の当たり外れはあるけど、手軽に読めるし、日本の新聞よりも突っ込んだ内容が書いてあって面白い。これぞメディアって感じ。特集の隙間に紛れ込んでいる世界のTIPSなんかも面白かった。

 

世界中のメディア記事もしかり、日本人が書いてあるコラムも、一歩日本から引いた目線で、でも日本の事を危惧する表現で書いてあったので多感な感性の大学時代にはもろに影響を受けた。特に森巣博氏の『ご臨終メディア』や『越境者的日本』はお世話になりました。

 

紙媒体からWEBへ

 

世の中の必然だったのだろう。2012年ごろから紙媒体は売上不況から廃刊、WEBへの移行を余儀なくされる。クーリエジャポンも同じだった。

今まで、常にカバンの中に突っ込んでおり、長い通学時間のお供にだった雑誌がなくなってしまった。ちょうど、社会人になったあたりで、仕事上僕はクーリエジャポンから繊研新聞へとメディアを変えた時期でもあったので、必然とクーリエジャポンを読まなくなった。クーリエジャポンが紙からWEBへ移行したのを知ったのはしばらく経った後だったと思う。

 

僕とクーリエジャポンのスキマの期間

 

クーリエジャポンのメルマガは当時から購読していたので、それだけ読む毎日が続いていた。時折読んでみようかなと思ったけど、元来紙媒体が好きな僕はなかなかWEB版への登録に進み出せないでいた。別にWEBメディア嫌いではない。しかし、クーリエジャポンは紙であることに意味があったと思っていたからなおさらだった。紙であることで別に興味がなかったトピックスにも目を向ける機会があった。おそらくWEBになったら、見出しだけで記事を取捨選択してしまうし、小さな蘊蓄記事を読むことがなくなるんだろうなと思ったからだ。

しかし、最近、森巣博氏の『日本を滅ぼす〈世間の良識〉』を読んで、一つの物事に対して多方面から観察すること、何より日本メディアのあり方を把握する事ができた。何より僕は世間を知らなすぎる。世界を知るにはどうすればいいかを改めて考えた時出てきた答えがCOURRiER JAPONであった。

 

WEB版はどうだい?

 

記事はやはり面白い。海外メディアの視点はユニークだ。先出の『日本を滅ぼす』で森巣氏は“日本のメディアは政府の広報機関”そして“お上が認めた内容のみ報道可能”とある。海外メディアは独自の視点を持っており、例えばLGBTの話題一つとっても記事の書き方が様々だ。それを手軽に日本語で読めるのだからクーリエジャポンはやっぱり面白い。

ただ、先述の通り、興味のある話題にどうしても目が向いてしまう。小さな記事や、僕の実生活にあまり関係が無さそうなタイトルだとパスしてしまっている。極力それをなくすために、週や月ごとのトップ記事は読むようにしている。

ただWEBの特権であろう、関連記事がバックナンバーも含めて読めるのは大きい。確かに過去の情報なので時代の流れと合わないこともあるだろうが、興味のあるトピックスを手軽に深掘りできるのは有難い。

 

まとめ

約2週間ほどだが、改めてCOURRiER JAPONを再読している。結論は面白いそして個人的に最高の雑誌だと思う。世界の事はもちろん、日本視点でも語られているので、そこもやはりクーリエジャポンの特徴だろう。海外だけ紹介して、一種の海外自慢にならず、あくまで俯瞰する立場にある。それは、日本人のコラムが専ら、日本大丈夫?の視点で書いているから特にそう感じるのかもしれない。

やれグローバルだ、移民労働者の法改正だetcと2chやyahooニュースばかりで語ってる人は一度読んでみると新鮮かもしれないよ。

 

「伝え方」と「英語力」

いま、日本人の多くが注目するトピックは「伝え方」と「英語力」(以下「」が面倒なので、伝え方、英語力)だ。

 

f:id:white-kutsushita:20181210182552j:image

(写真は本文と関係ありません)

 

きっかけ

理由は本屋のフェイス(正面陳列。一番客のニーズが高く、主要トピックを陳列する)にある。僕は約5年間アパレルのVMDを作ってきた。詳細な勉強ではなく、実地の叩き上げだが、それなりに自信はある。その経験から本屋、服屋、ホームセンター、スーパーなど買い物へ行くとフェイスに注目してしまう。

 

今日、有楽町の三省堂書店へ行った。二階の書籍フロアで大きな面積を取っていたのが、伝え方と英語力関連の書籍。実践系、トレーニング系がレジ前を占めていた。ここ2〜3ヶ月はフェイスが変わっていない。アパレルでは52週VMDという言葉があるくらい入れ替えが頻繁なことを考えるとかなりのロングランVMDであることに違いはない。

 

つまり、伝え方、英語力は今の日本に主要なトピックスであり、それを(即座に)求める人が非常に多いということだろう。

 

伝え方の必要性

一般論だが、日本人は「表現すること」が苦手とされる。今まではその奥ゆかしさが「謙虚」というプラスの評価を受けていた。しかし、いまでは「謙虚」ではなく「単なる受身」とみられる事が圧倒的に増えた。社会もReactiveな人は要らないのだ。待っているだけで仕事が来る時代は終わった。Proactiveで無ければこれから仕事を見つけ継続していくことが難しい。

 

それに拍車をかけるのがグローバル化

有楽町駅の近くにはコンビニが二軒並んでいるのだが、深夜に行くと働いている方が9割外国人である。今では、外国人が日本で働く事は普通だし、これからますます増えるだろう。彼らは、日本語がままならない中でも日本で働いている。働いてるという事は面接を通過したという事。彼らは拙い日本語でも「自己主張」をして仕事を勝ち取っているのだ。

正社員面接、バイト面接。程度の差こそあれ面接は「伝える場所」であることに違いはない。「伝えないこと」を「謙虚」と捉えられる時代はもう終わりなのだ。「沈黙は金」ではない。

 

外国人は自己を主張する。正誤別として自分の意見を述べる。海外に行って如実にそれを体感したわけだ。「僕は、私は伝えるのが下手だから…」では、今後来日する可能性の高い外国人労働者に仕事が優先される。一生、諸外国の傀儡国家で満足なのでであれば、いいけど、本当にそれでいいの…?

 

英語力の必要性

さらに拍車をかけるのは言語の壁だ。

僕は一年外資に勤めた。幸いにも僕は英語を頻繁に使うポジションではなかったが、トップは英語でのレポートが当たり前。これは外資だからではない。これからの可能性の縮図だと思う。日系企業だってトップが外国人になる可能性だってある。取引先企業が外国人が担当になる可能性だって多いにある。

 

共通言語は英語である事は間違いはない。10年くらい前は英語できますは「すごい」の対象だった。今となっては「当たり前」になりつつある。いや、むしろなっている。当たり前が出来なくてこれからでも十分なのだろうか?今、日本で働いている外国人の多くは、英語はもちろん、日本語も流暢、さらにビジネス面でもオリジナルのスキルを持っている人が多い。極端な表現だけど、全般的にスキルの高い人間と、当たり前が出来ない人間、どちらの方が求められるかは目に見えている。これで後者を選んだ企業は100%縁故採用しているに違いない。

 

日系企業の求人を見ていてもTOEICのスコアや留学経験を採用基準にしている企業も多い。英語力はもちろんだけどスコアに至った努力や、留学経験を経て得たストレス耐性や達成力が重視されているからだろう。英語はコミュニケーションツールに必要なスキルであるが、先に述べた通り「英語力=努力値」を測定する背景もあるのではないだろうか。

 

まとめ

有楽町というビジネス街、ショッピング街のど真ん中にある本屋が「伝え方」と「英語力」の書籍を大々的に売り出している。販売戦略もあるだろうが、ビジネスマン、ビジネスウーマンが注目するトピックスだからこそ、売場の面積を割いている。以前よりもそのニーズが高まっていることの表れだろう。本屋の商品から今の社会に必要なスキルが見えてきた。僕自身このスキルを正しく高めたいと思っている最中だったので、三省堂書店のラインナップを見て今やってる事は今のところずれていなかった。

きっとそのうち、「英語力で伝える」様な本が席巻するのではないだろうか。

 

時計のベルト交換

時計のベルトを交換した話。

f:id:white-kutsushita:20181206181906j:image

ベルトが切れた。ゴムだから劣化するので致し方ない。安いから同じ物買ってもいいのだけど、癪なのでベルト交換した。

 

愛用はCasio CA-53W。マイケルJフォックスが「Back to the Future 」で、サミュエルLジャクソンが「KINGSMAN」で、ヒースレジャーが「DARK KNIGHT」で使用しているやつ。ホームセンターに売ってるチプカシの一つ。電卓が付いているのに生活WATER RESISTという点で、個人的に世界一タフな電卓だと思ってる。

閑話休題

 

まず、NATOベルトを買ってみたところサイズが合わない。幅20mmを買ったがどうやら18mmだった。しかも買ったNATOベルトが厚くて通らない。

そこで、ケーブルをまとめるマジックテープで代用。

f:id:white-kutsushita:20181206180616j:image

 

ギリギリ通った!

f:id:white-kutsushita:20181206180647j:image

骨太のため一本では足りず。二本使用すると、帯短襷長。ちょうどいい長さでカットして調整。(赤い部分が付け足し)

 

f:id:white-kutsushita:20181206181109j:image

黒赤でかっこいいじゃない。早速つけてみたところ、痛い。マジックテープの硬い方が常に肌に擦れるのだ。そんなわけでベルトを表裏逆にして再度取り付け。

 

f:id:white-kutsushita:20181206181105j:image

ダサくなったけど、そもそもマジックテープで代用してる時点でダサいから及第点。柔らかい部分が肌側になったのでつけ心地も改善。

 

気が向いたらまたNATOベルトを探してみよう。

 

 

 

恩師に頼る

今日恩師に頼った。

僕の人生の恩師だ。高校受験のときにお世話になり、大学時代にはバイトで、社会人になってからは人生の先輩として。

 

仕事を失ってから自分がどうしたいのかが分からなくなった。生来の格好つけな事もあり、人に相談できずにいた。本当にどうしようかわからなくなった時、心から相談できる相手、そして先を説教をしてくれて励ましてくれる人は僕の恩師しかいないと思った。

 

恩師は昨日の今日で予定を組んでくれた。僕の現状や不安を全部聞いてくれてアドバイスをくれた。

「自分の強み弱みを自分自身で言葉に出来るようになること」

「不安から限界を感じ取らせない事」

僕に足らない事を明確に示してくれた。本当にありがたい。

 

恩師とは10年近い付き合いになる。始めて会った時は僕は中学生だった。それが今では人生の相談が出来る貴重な存在になっている。

果たして僕は誰かにとってそういう存在になっているだろうか。恩師と会うと自分はまだまだ人間的魅力を伸ばさないといけないなと思う。そして将来僕も恩師みたいな存在になりたいなと思う。

必要から始まる

何か新しいことを覚えたい。

新しい知識を習得したい。

そんな事を常々考えてる。カタチから入るタイプのため、何か始めるとなると書籍を買いに行く事から始まる。

 

例えば、ちょっと前は統計学に興味があった。仕事がなくなってすぐの時で、これから何を力に求職をいて行くかを考えた時に漠然と「統計学」が思い浮かんだ。

 

早速本屋や図書館に行って統計学関連の書籍を探し読んでみる。が、頭に入ってこない。入ってこないというより、「響かない」いくら長く読んでも、ペンを動かしても自分には統計学が響いてこないのだ。

 

「必要なスキルは自然と身につく」と聞いたこともあるし、HOW TO本でも読んだことはあるが、その通りだと思った。今の僕には統計学は興味の対象であるものの、必要なスキルではなかったようだ。実体験として、excelがある。全然職では全くほとんど使わなかったから、ピボットや関数を独学で学んでも使う機会がなかった。結果、覚えたことは風化していった。しかし、転職をしてから一番使うものはexcelだったこともあり、覚えないと仕事にならなくなった。結果、僕はexcelの技能が少しだけスキルアップをすることができた。

 

何事も学び覚えるきっかけは「必要性」だと思う。

例えば、海外に行く→話せない→困る

この困るが必要性に当たる。人は困らないと学ばないし、覚えない。それが実生活に直結する項目であれば、優先順位も高くなるし、必死になる。

 

退職をしてからもっぱら毎日可能な限り英語に時間を費やしている。なぜ?海外に行った時に「困った」からだ。そして最低限、英語だけはできる必要性を感じた。何より今後「困る」可能性が大きくなると個人的に思ったからだ。

 

よく、「英語だけができても」と聞くけれど、出来ないより出来た方がいいに決まっている。

 

チャンスがあって少しでも良くなるのであれば変わった方がいい。

 

 

R-1培養

風邪をひいたのでR-1を日常的に食べることにした話。

 

プロローグ

今年はやたらと風邪をひく。僕の周囲に病魔が漂っているのかわからないけど、インフルエンザや高熱、怪我etcと体調不良の多い一年を過ごしている。

 

風邪にはR-1がいいらしい。効能はよくわからないけど、いいという事なので食べてみる。ただ、日常的に食べないと効果はない。精進料理やvegan食を一回食べて満足したところで効果がないのと同じこと。

毎日買うのも面倒くさいと思い、結果培養してみることにした。

 

準備

市販のR-1 1個

牛乳 1000ml

ヨーグルティア

 

f:id:white-kutsushita:20181121120429j:image

 

作り方

付属の容器にタネ菌(R-1)と牛乳100mlを混ぜる。ダマがなくなるように。

 

残りの牛乳を入れる

 

ヨーグルティアを40度、7時間にセットして容器を入れて発酵開始。

 

以上

 

完成

 

R-1が1100mlできた。

f:id:white-kutsushita:20181121120752j:image

牛乳の量が多かったせいか若干緩め。

これがあれば、永遠と培養ができる。

 

エピローグ

ヨーグルティアで簡単に培養できるから手間いらず。ヨーグルティアは発酵温度の調整とタイマーが優秀だから甘酒も出来る。

そもそものR-1を試食しないで作ったので、味がその物かどうかはわからないけど、これでこの冬は体調不良を少しでも軽減したい。果たして、何回培養すると栄養価が下がるのだろうか…暫くはこのヨーグルトをタネ菌にして培養を続けてみよう。

 

次は固めのヨーグルトにするべく

タネ菌:牛乳=2:8で作ろうと思う。

 

 

 

 

SHOE DOG

Nike創設者フィル・ナイトの自伝をやっと読み終えた。

 

オニツカの販売からNikeの創設、株式上場までをフィルの一人称目線で振り返る。

今では誰もが知る世界のNikeだが、それはチャレンジと失敗、決断の歴史。

何事も始めから上手くいく訳はなく、様々な障壁を乗り越えて、精神的にも体力的にも太くなることで次のステップへとたどり着く。

 

フィルは常に「走る」が精神にも、身体にも染み込まれた人物だ。常に何かを走らせ、自分自身も走る。拠ん所無い悩みにぶつかった時彼は文字通り走った。

自分を支える、そして回帰できるものがある人は強いのかもしれない。何故なら、何かが起きても起点へ戻れば再スタートを切ることができるから。起点がないと、常々自分の出発点を見失ってしまう。自分の帰れる「場所」を持つことは大切だと思った。

 

そして、物を好きであり続けること。彼は靴に情熱を注ぎ込んだ。彼の周囲の人もそのような人々で溢れた。好きこそもののetcではないけど、好きなものをとことん愛する(ジャンキー化)事は何事においても第一人者になる上で重要な事だ。

Nikeがアパレルを拡大し始めたのは創業から暫く経ってから。彼は心底SHOE DOGだった。

 

Nikeのプロダクトを見ると、靴が好きな人がそしてスポーツが好きな人が作ってる事をひしと感じることがある。ある人から見れば単なる靴に過ぎないのだろうけど。

多くの靴のベースには「スポーツ」が根底にある事を忘れない。THE TENを始め、ファッションの靴のイメージが強いが、Nikeの靴の根底は常にスポーツでカルチャーやファッション性は二の次だと思う。それは、フィル・ナイトの精神が今でも受け継がれている証拠だろう。

 

昨年のファッションブランドの売上総額は1位Diorで2位Nikeだった。こっれはアパレル、シューズ、アクセサリーを含めての金額だがシューズが占める割合は多いに違いない。何よりスポーツブランドが数多あるブランドの中で2位になるのだ。1970年代に築き上げたフィルの精神が2018年の今でも支持されており、かつファッションの面への拡大が著しいことの証明だ。スポーツカンパニーがこれからどのような発展を遂げる事が出来るのかを一番に示してくれるのは間違いなくNikeだろう。

 

SHOE DOG、SPORTがある限りこの会社の成長は止まらない。